トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

江津3丁目に住宅型有料老人ホーム開設・・・・こころ

 旅行業や介護事業、建設業などを運営する鰍bKT企画(熊本市東区江津3丁目、荻野公一社長)のグループ会社で介護事業運営の鰍アころ(熊本市東区江津3丁目、同社長)は8月1日、同区江津3丁目に住宅型有料老人ホームを開設した。
 施設名は「湧水の郷弐番館」で、7年前に開設した「湧水の郷壱番館」が手狭になったため建設した。場所は江津斉藤橋南側、加勢川沿い。敷地面積は999・15u。建物は木造2階建て、延べ床面積は779・50u。1階は居室13室、ホール、洗濯室、浴室で、2階は居室18室とホール。部屋数は計31室で広さは13・3u〜14・63uの4タイプ。スタッフは30人。24時間体制で専門の介護スタッフが常駐する。天神内科と御幸病院と連携し緊急事態の場合でも対応することができる。
 入居条件は要介護1〜5認定の者。月額12万3千円からで部屋の広さによって変動する(居室料、水道光熱費、管理費、食事代込)。
 同社は「自分が入居したいと思えるような施設にすることをスタッフ全員が心がけている。弐番館はスタッフが入居者のことを思い内装を考えた。入居者が快適に過ごせるようにがんばりたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年10月1日発行 No.460

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから