トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

地域活性化のための理論と実践法を学ぶ新コース開設・・・・崇城大学

 崇城大学(熊本市西区池田4丁目、中山峰男学長)は来年4 月、情報学部に地域活性化理論「SCB理論」とその活用法を学ぶ新コースを開設する。
 同大学情報学部の星合隆成教授が提唱する地域活性化を目的としたSCB理論をベースに、地域活性化の実践的なプログラムである「SCBアクティブラーニング」を導入した新コース。来年10月からは全学部での開設を予定している。「SCBアクティブラーニング」は、地域活性化に向け、地域資源を効率的な活用するための連携のあり方をIOTやAIといった先端技術を取り入れ科学的に考察しようという試み。金融機関、省庁からも、地域活性化、中小企業の支援策として、同理論及び実践のためのプログラム導入が計画されているという。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年10月1日発行 No.460

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから