トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

県内金融機関初の「プラチナくるみん」特例認定・・・・肥後銀行

 肥後銀行(熊本市中央区練兵町、笠原慶久頭取)は8月末、次世代育成支援対策推進法に基づき、仕事と子育ての両立について高い水準で取り組んでいる「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣から「プラチナくるみん」の認定を受けた。
 「プラチナくるみん」は、同法に基づき従業員の子育てを支援する企業として認められた「くるみん」認定企業のうち、より高い水準で一定条件を満たした場合に受けられる特例認定。同行では、多様な人材が活躍する組織づくりのための意識改革で、ダイバーシティマネジメントセミナーの実施、イクボスセミナーの実施、頭取・全所属長による「イクボス・よかボス宣言」の実施。所定外労働時間の削減で掲げた2016年度比10%以上削減の数値目標に対し、18時以降時間外労働の原則禁止、毎月2回のノー残業デー実施などにより、18年度時間外労働実績で28%削減(16年度比)。男性の育児休業取得促進で、目標の取得率90%以上に対し、取得率100%を達成した。
 県内の「プラチナくるみん」特例認定(8月末現在)は、医療法人社団仁誠会( 熊本市東区戸島西、田尻哲也理事長)、医療法人潤心会(菊池郡大津町大字室、南野隆一理事長)と肥後銀行の3団体。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年10月30日発行 No.461

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから