トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

御領6丁目の本社西側に企業主導型保育園・・・・九州エネルギーシステム

 太陽光発電、住宅リフォーム事業の給繽Bエネルギーシステム(熊本市東区御領6丁目、米井智博社長)は10月1日、本社敷地に企業主導型保育園を開園した。名称は「フレンド保育園」。
 内閣府が認定する企業主導型保育施設(認可外保育施設)として開園。場所は国道57号沿い、ニトリ熊本インター店南西側の本社事務所西側に鉄骨造り平屋建ての建物を新築。延べ床面積は約134u。建物の南側に15 uのテラスと約250uの園庭を設けた。入園対象は生後3カ月から未就学児で、定員は19人。優先的に入園できる提携企業も募集している。保育料金は3カ月から2歳児が3万3千円で提携企業は3千円引き。3歳児からは保育無償化により利用料は無料で副食費が4500円。開園時間は午前7時〜午後8時(延長保育なし)で、365日開園する。スタッフは9人。
 同園を担当する同社の米井崇人課長は「住宅に関わる仕事をする中で、待機児童の問題を耳にすることも多く、地域貢献の一環として保育園の開園を決めた。近隣企業で働く子育て世代の方々などに利用いただき、地域に貢献していきたい」と話している。
 同社は2002年に創業し、05年設立。資本金は300万円。太陽発電システムやオール電化製品の販売・施工、リフォーム事業などを行う。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年10月30日発行 No.461

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから