トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

低グルテリン米「LGCソフト」を栽培開始・・・・若手農業グループ・ハーベスト

 熊本市近郊の若手農家らでつくるグループのハーベスト(グループ代表=宮本健二郎潟Mフト社長)は熊本市や合志市の水田などで低グルテリン米の「LGCソフト」の栽培を開始し、10月上旬に初めての収穫を行った。
 LGCソフトは、腎臓疾患などで食事(タンパク質)制限を受けている人など向けに開発された米の品種で、九州では大分県や福岡県の農家などで生産されており、県内での生産は初めてという。同グループでは、福岡県で生産する農家などから技術指導を受け、今年6月に作付けし、熊本市近郊のメンバー各自の水田(5カ所計6反)で栽培を開始。今回、収穫した米は今後、糖尿病などが専門の小山研一医師(小山内科クリニック院長)と連携し、成分分析を行いながら将来的に医療機関向けなどにも販路拡大を図っていくという。
 宮本代表は「自分たちにしか出来ない形で農業を盛り上げたいという思いから生産をスタートした。今後、様々な形で販路拡大につなげていきたい」と話している。
 同グループは2017年に熊本市近郊の若手農家ら9人で結成。同時に農産物や農産加工物の販売を行う潟Mフトを設立し、販路拡大を図っている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年11月29日発行 No.462

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから