トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

江越2丁目に婚礼施設・・・・東京都のノバレーゼ

 結婚式場運営の潟mバレーゼ(東京都中央区、萩野洋基社長)は来年4月18日、熊本市南区江越2丁目に婚礼施設「熊本モノリス」を開業する。同社が熊本県内に進出するのは初めてで、九州では福岡2拠点に続き3拠点目。
 場所は通称平成けやき通り沿い、せぐち小児科クリニック西側。敷地面積は3250u。鉄骨造り2階建ての披露宴棟(延べ床面積433u)と鉄骨造り平屋建てのチャペル(床面積103u)を新築。披露宴棟は1階に会場(232u)、ラウンジ、2階に新郎新婦の控え室、ドレスショップを設ける。またチャペルは水の国・熊本をコンセプトに、周囲3方を石造りの壁を滝が流れる設計。最大収容人数は着席で披露宴会場が152人、チャペルが112人。昼夜各一組限定で、年間130組、5億7千万円の売り上げを目指す。
 同社は「9月20日から開業準備室を設置し、受注を開始している。ゼクシィが調査した披露宴にかける総額ランキングで、熊本県は全国7位。有望な婚礼市場であり、高品質なブライダルを展開する当社にとって、出店したい有力候補地の一つだった」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年11月29日発行 No.462

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから