トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

防災・減災を考えるセミナー・・・・熊本大学など

 熊本大学(熊本市中央区黒髪原田信志学長)は12月1日と8日に、「熊本県の防災・減災を考える」セミナーを実施した。
同大くまもと水循環・減災研究教育センターなどが企画したもので、今回は防災・減災対策の一つとして注目を集める「タイムライン(事前防災計画)」を取り上げた。近年多発する豪雨災害を例として、自然災害における情報の重要性と伝達手段を紹介するとともに、質疑応答による地域住民との対話を通じ、地域防災におけるタイムラインの活用について論考した。当日は有満隆県危機管理防災特別顧問が「タイムラインの考え方」を説明、松田政秀同大教授が「インフラストラクチャーと災害」をテーマに講演したほか、経験したことのない大雨を想定したワークショップなどがあった。
 タイムラインは災害が起きると予想される時刻に向かって、「いつ」「誰が」「何をする」かを事前に決めておき、有事の際は実行に移すという事前防災計画。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年12月27日発行 No.463

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから