トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

4階建て75室の介護付き有料老人ホームを建設・・・・託麻会

 障がい者支援施設や特別養護老人ホームを経営している社会福祉法人託麻会(熊本市東区小山町、満永寿博理事長)は、同区長嶺2丁目に鉄骨造り4階建て、75室75床の介護付き有料老人ホームを建設している。完成は2020年8月末、開業は同年10月1日を予定している。
 同施設は西日本病院から東側に300mの場所で、敷地面積4825u、建築面積は1467u、延べ床面積は3964u。名称は、介護付き有料老人ホーム「令寿」。居室は18uタイプが72室、29uタイプが3室。1階がデイサービス(定員35人)、ケアプランセンター( 居宅介護支援事務所)、2、3、4階が居室。入居できるのはおおむね65歳以上で、認知症を含む要支援、要介護が必要な人。入居時や、毎月の費用は未定。スタッフは介護職33人、看護職5人、機能訓練指導員3人、ケアマネージャー4人などを配置する予定。駐車場は約50台。
 同会は1994(平成6)年7月に身体障害者療護施設(現障がい者支援施設)「朋暁苑」を開設。2016(平成28)年6月には地域密着型介護老人福祉施設「託麻苑」を開設している。満永理事長は、熊本市議会議員で、熊本市相撲連盟会長。
 同会では「尊厳の保持や自己選択の支援、自己決定の尊重など、良質なケアを目指し、ノーリフト(抱えない、引きずらない介護)を基本方針とし、地域との連携という点では、託麻地域の交連者支援事業、地域交流室(20人)の無料開放、リハビリ広場の無料開放なども行いたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年1月30日発行 No.464

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから