トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

革新技術コンテストで最優秀賞受賞・・・・AMI

 医療機器ベンチャーのAMI梶i水俣市浜松町、小川晋平代表取締役)は12月16日、CYBERDYNE梶iサイバーダイン、茨城県)が主催するコンテスト「サイバニクス・エクセレンス・ジャパン C‐Startup Pitch 2019」で最優秀賞を受賞した。
 C‐startupは革新的技術の創生、新産業創出、スタートアップ企業などを総合的に支援する取り組みで、今回が1回目。応募のあった35社の中から書類選考、最終審査を経て選ばれたもの。受賞したのは同社の「心疾患診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器・超聴診器」。従来の聴診器の収音機能に加え電極を設けたことで、胸に当てるだけで心電、生体音を同時に取得。AI(人工知能)によるデータ解析と診断補助の機能を持つという。今後、臨床研究を開始し、2022年に医療機器の承認を取得したいとしている。
 同社は「超聴診器≠ヘ医療従事者の耳だけに頼らない聴診器の進化形として、心疾患の早期発見につなげることを目的に開発を進めている。将来的には同器を軸とした遠隔医療システムを開発し、誰もがどこにいても、質の高い医療を受けられる世界の実現を目指したい」と話している。
 同社は2015年11月設立。従業員数は19人。熊本大学内、京都大学内、鹿児島市上荒田町にオフィスを持ち、医療機器の研究・開発を主業務としている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年1月30日発行 No.464

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから