トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

保証承諾額は711億7600万円で前年比98%・・・・県信用保証協会

 熊本県信用保証協会(熊本市中央区南熊本4丁目、真崎伸一会長)の2018年度の保証承諾額は、711億7651万円で前年度比98・3%だった。
 4月25日に明らかにしたもので、承諾件数は6974件で98・3%だった。熊本地震発災に伴って震災関連保証制度の利用が16年度に大幅に増加した反動とみられ、平成で最も少ない承諾額となった。一方、昨年5月に創設した事業性評価を取り入れた保証制度は好調に推移しており、当初目標を上回る約82億円を承諾。創業保証制度を利用して創業した企業数も熊本地震の影響で16年度に減少に転じて以来年々件数を伸ばしている。18年度は前年比34件増の301企業となり、震災前の15年度以来の300企業に達した。
 保証債務残高は2414億8402万円で同88・9%、件数は3万466件で同91・2%。代位弁済額は33億6902万円で同171・0%、件数は478件で同136・6%だった。代位弁済額は17年度が過去2番目に低い水準だったため、前年比で大幅な伸びとなったが、震災前より低くなっている。
 同協会では「創業保証制度を利用した企業数は震災以来右肩上がりとなっており、創業者の会であるくまもとシーズクラブの会員も3月末時点で479企業まで増加した。代位弁済は以前低水準という認識だが、小規模事業者に徐々に息切れ感が出始めていると見ている。これまで以上に経営改善や生産性向上に向けた支援を行っていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年6月28日発行 No.457

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから