トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

上代1丁目の本社事務所を改装・・・・コクユー

 米や農海産物の総合商社潟Rクユー(熊本市西区上代1丁目、渡邊泰博社長)は、本社事務所を改装する。9月末の完成を目指す。
 現在、同社の立川惠之助・取締役相談役が代表を務める酒小売店「酒蔵・惠之助」(2階建て、延べ床面積360u)の1階に本社事務所を置いているが、酒蔵としてのイメージが強く事業内容の認知度が低いため、本社を改装することで今後、対外的な企業のイメージアップや信頼性向上につなげるのが狙い。今回の改装工事でフロア内の壁や棚を撤去し、手狭になった会議室を約2倍の広さに拡張、最大60人が収容できるスペースを確保する。本社事務所や応接室も近代的な装いにリニューアルするという。また本社敷地内にある商品保管倉庫を解体し、跡地に最大7台を収容する駐車場を整備、県内外からの来客増に対応する。一連の工事で総投資額は約2千万円を見込む。
 M國之専務は「設立5年の節目を機に本社の改装工事に着手する。内装を改め、さらなる事業拡大に備えたい」と話している。コクユーは大阪市に本社を置く製鋼原料卸大手の潟iベショー(渡邊泰博社長、年商1200億円)が全額出資し、2014(平成26)年3月に設立した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2019年6月28日発行 No.457

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから