トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

100%子会社の合志テックを吸収合併・・・・合志技研工業

 ホンダ系の二輪・四輪車部品メーカーの合志技研工業梶i合志市豊岡、松原美樹社長)は4月1日付で、100%子会社の轄志テック(同市栄)を吸収合併する。
 合志テックは本田技研工業鰍フ子会社潟Gム・エス・ディ(静岡県浜松市=2017年に清算)が、二輪事業を分割し16年4月に設立したのに合わせ、合志技研が完全子会社化した。操業後は主に二輪のアルミ部品を製造していたが、今後、合志技研グループが持続的に会社を運営していく中で、さまざまな経営課題の解決を効果的かつ効率的に対応する体制の再構築、また主要顧客の組織再編による新機種開発スピードの迅(じん)速化に対応することが必要と判断。4月に合志テックを吸収合併することで、二重管理体制を解消し、グループにおける運営コストの抑制と意思決定の迅速化を図るもの。
 合志技研工業は本田技研工業の熊本進出に合わせ1974年に設立。資本金は5億円。タイ、ベトナム、インド、フィリピンに生産子会社を持っており、連結売上高は671億円。グループ社員数は約4千人。
 合志テックは2016年4月設立、資本金は1億円。売上高は47億円。社員数は96人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年3月2日発行 No.465

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから