トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

本社敷地内に新社屋・工場建設・・・・杉本本店

 食肉加工販売の叶剿{本店(宇城市豊野巣林、杉本光士郎社長)は、本社敷地内に新社屋・工場と製品保管棟を建設している。6月末をめどに稼働する予定。
 場所は社屋・工場が現社屋の南東側、製品保管棟が同東側。南側の現工場と新たに完成する2棟を接続し、業務効率化を図る。新社屋・工場は鉄骨造り3階建て、延べ床面積は2641u。1階が食肉加工、処理場、2階が品質管理室、商談室、3階が事務所、応接室、社員食堂となる。洪水被害対策として、床を1・2m高く設計している。製品保管棟は鉄骨造り2階建て、延べ床面積は1117u。いずれも食品衛生管理手法HACCP(ハサップ)に対応している。完成後は、生産能力3倍を見込む。国内外へ向けた和牛の供給体制を確立するという。総事業費は約20億円。現在の本社屋は残す。
 同社は1947年創業、83年設立。牧場42カ所で約2万頭のブランド牛「黒樺牛」を飼育・販売しており、2019年の売上高は95億円、スタッフ数は79人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年3月30日発行 No.466

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから