トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

上通町にマンションギャラリーをオープン・・・・マリモ

 分譲マンションなどの企画・開発・設計監理・販売の潟}リモ(広島市西区、深川真社長)は1月25日、熊本市中央区上通町に3月末から販売する「ポレスター熊本新町レジデンス」のマンションギャラリーをオープンした。
 マンションギャラリーは、上通りの「ココカラファイン」が1階に入居しているオークス第2ビル2階に開設した。「ポレスター熊本新町レジデンス」は、同区新町4丁目、新町交差点近くの高麗門跡北側に建設を始めている。敷地面積は1177u。鉄筋コンクリート造地上14階建ての延べ床面積は4675u。総戸数(販売戸数)は52戸。3LDKが39戸、4LDKが13戸で11タイプの間取りがある。駐車場は52台収容。完成予定は来年2月末。引渡し予定は来年4月末。販売価格帯は予定販売価格が3100万円〜4000万円。予定最多販売価格帯が3500万円(11戸)。管理会社は鰍fMアソシエ。管理費は9870円〜1万890円。修繕積立金は8220円〜9060円。修繕積立基金は39万2240円〜43万2660円。設計・監理は潟}リモ、施工は葛g永産業(玉名市)。事業主・売主は潟}リモ。販売代理は潟Aーク不動産。
 同社はポレスターシリーズを中心に全国で400棟、2万6069戸の分譲マンションを開発販売(2019年10月末現在)。熊本では、「光の森」、「浜線通り」に続き、桜町再開発事業で商業施設「サクラマチ クマモト」に併設した都心型マンション「ザ・ガーデンズ熊本」の開発・設計監理・販売を手掛けており、同物件は都心型複合施設の好立地マンションとして注目を集め、販売開始日に全戸即日完売している。
 同ギャラリーの川戸基揮所長は「『サクラマチ クマモト』まで徒歩10分という都心立地の利便性を持つ物件です。震災復興のシンボルでもある『ザ・ガーデンズ熊本』とともに、熊本の未来を元気にできるような開発を進めていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年3月30日発行 No.466

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから