トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

長崎支店が完成、移転オープン・・・・肥後銀行

 肥後銀行(熊本市中央区練兵町、笠原慶久頭取)が長崎市江戸町で建て替えていた長崎支店が完成し2月10日にオープンした。
 新店舗は鉄骨鉄筋コンクリート造り3階建てで、長崎市江戸町の旧店舗を建て替えた。建築中は同市銅座町の「求人案内長崎ビル」に仮店舗を置き営業していた。新店舗では、1階ロビーと店舗外壁にデジタルディスプレーを設置、熊本の食や水・特産品などの情報を発信する。また、1階ロビーでは熊本と長崎両県の伝統工芸品を展示する。店舗内装には長崎県産材を使用、「長崎凧」の柄を内装デザインに採用している。  

「ひぎんSDGs医療機関債」の取扱開始

 また同行は、SDGs(持続可能な開発目標)実現と地域課題の解決を目指す取り組みの一環として、発行額の0・1%相当額を同行が学校や団体に寄付・寄贈する「ひぎんSDGs医療機関債」の取り扱いを2月10日から開始した。
 対象は同行が定める基準を満たす医療法人で、発行額は3千万円以上。発行期間は2年以上、7年以内。資金使途は設備資金。発行額の0・1%相当額を発行する医療機関が指定する県内の学校や団体に同行が寄付・寄贈する。
 寄付・寄贈先は、「子どもたちの暮らし支援」として、@県ひとり親家庭福祉協議会A熊本市子供食堂応援プロジェクトB児童養護施設に同行が寄付。
「 子供たちの学びの支援」として、医療機関が指定する学校に物品(学校側で選定)を寄贈。「震災復興支援」として、被災文化財の修復などを目的に設立された「熊本文化財復興支援金」に同行が寄付する。  

「TKC連携経営者サポートローン」開始

 また同行は、TKC会員税理士と顧問契約を結んでいる事業法人を対象に、担保・保証人原則不要の専用商品「TKC連携経営者サポートローン」の取り扱いを2月3日から開始した。
 対象は、TKC会員税理士と顧問契約を結んでおり、決算書などの経営情報を「TKCモニタリング情報サービス」を通じインターネットで同行に開示する九州圏内に本社を置く事業法人。資金使途は運転資金で既存借入れの借り換えも可能。
 融資額は100万円以上3千万円以下。融資期間は1年以内。金利は同行所定金利だが、「TKCモニタリング情報サービス」で、@月次試算表提供サービス(中間期)A「ローカルベンチマーク(財務情報・非財務情報)」B「中期経営計画書、次期予算書」を提出すれば、各0・2%、計最大0・6%基準金利から優遇する。融資形式は手形貸付、返済は期日一括、担保・保証人は原則不要。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年3月30日発行 No.466

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから