トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

日本農業賞「食の架け橋の部」特別賞を受賞・・・・くまもと☆農家ハンター

 若手農家によるイノシシ対策の活動を行っているくまもと☆農家ハンター(宇城市三角町戸馳、宮川将人会長)は1月30日、日本放送協会(東京)と全国農業協同組合中央会(同)が主催する第49回日本農業賞「食の架け橋の部」特別賞を受賞した。
 同グループは、25〜40歳の若い農家で構成され、イノシシ対策を通じて地域の担い手をつくることを目的にしている団体。
 現在、イノシシによる農作物被害は、離農を促進する深刻な事態といわれ、この20年間でイノシシの個体数は約3倍に増えているにもかかわらず、それを駆除できる狩猟者は半減。さらに里山に下りてきたイノシシによる人身被害や車両との衝突事故も増加、住民の日常生活を脅かす事態となっているといわれる。
 同グループは「イノシシ被害による離農ゼロを目指す」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年3月30日発行 No.466

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから