トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

八代港と熊本港の国際コンテナ取扱量が過去最高に・・・・県

 熊本県は1月24日、2019年の八代港と熊本港の国際コンテナ取扱量が過去最高を記録したと発表した。熊本港は3年連続で、八代港は4年連続。
 八代港の輸出入合計(空コンテナ含む)は前年比1・9%増の2万2679TEU(20フィートで換算したコンテナ個数を表す単位)で、熊本港の輸出入合計(空コンテナ含む)は同17・5%増の1万3458TEUだった。主な要因としては本田技研工業鰍ェ九州や四国の一部で販売する二輪完成車の輸入を他港から熊本港へシフトしたことや、サントリービール鰍ェ麦芽輸入を博多港から熊本港へ一部シフトしたことなどが挙げられた。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年3月30日発行 No.466

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから