トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ドライバー異常時対応システム搭載のバスを導入・・・・熊本都市バス

 熊本都市バス梶i熊本市中央区本山2丁目、高田晋社長)は、ドライバー異常時対応システムを搭載した大型路線バス新車3台を導入し、3月19日から小峯京塚線で運行を開始した。
 このシステムは、運転手が運転中に体調不良や緊急事態などで運転が困難になった場合、非常ブレーキスイッチを押すことでバスを緊急停止させることができる。また、同時にバス車外に対して警笛を鳴らし、ハザードランプとブレーキランプを点滅させ、周囲に異常事態を知らせる仕組みになっている。スイッチはドライバー用と乗客用があり運転席に1個、運転席後付近に1個装備している。
 同社は「これからも安全、安心、快適なバスの運行に勤めていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年4月28日発行 No.467

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから