トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ミスターリースリーをグループ傘下に・・・・ドゥ.ヨネザワ企業グループ

 ドゥ.ヨネザワ企業グループ(熊本市東区若葉1丁目、米澤誠CEO)は3月1日付で、潟~スターリースリー(益城町惣領、小野塚博社長)の全株式を取得し、グループ傘下とした。
 潟~スターリースリーは1952(昭和27)年創業で、大型商業施設や自治体、学校やオフィス、店舗などのマットリースやダストコントロール事業はじめ、インテリア用品、建物メンテナンス事業、節水システム販売などを中心に県内全域で現在約3千件の取引を持つ。資本金3千万円。従業員数約42人。
 新役員体制は、同日付で代表取締役会長に米澤誠ドゥ.ヨネザワ企業グループCEOが、代表取締役社長に西祐一郎潟~スターリースリー常務取締役が就任した。小野塚博社長は相談役に就いた。
 ドゥ.ヨネザワ企業グループは、携帯電話の販売にはじまり、輸入車正規販売店、ゴルフ場、ゴルフショップ経営、飲食事業、不動産事業、総合広告業など企業10法人と社会福祉法人1法人で構成され、今回新たに同社がグループ傘下に入り、合計12法人となった。
 米澤CEOは「当グループとミスターリースリーが相互に持つノウハウやネットワークを組み合わせることによる相乗効果で、地域に密着したより良いサービスの構築と、新たな市場開拓に期待したい。互いの強みを掛け合わせ、さらなるグループシナジーの向上と、地域社会への貢献に取り組んでいきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年4月28日発行 No.467

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから