トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

下通1丁目に立ち飲みバーをオープン・・・・うららか

 飲食店経営の鰍、ららか(熊本市中央区下通1丁目、土本順子社長)は3月7日、同地に立ち飲みバー「肥後立ち飲み屋うまかもん」をオープンした。
 場所は通称銀座中通り沿いの高津ビル1階。店舗面積は25u。カウンターとテーブルを設けており、最大20人を収容する。店内は昭和ロマンをコンセプトに木目調の内装にし、ノスタルジックな雰囲気を出した。飲み物はビールやハイボールほか、県産の日本酒(20種類)や焼酎(50種類)、各種ソフトドリンクを提供する。唐揚げや枝豆、冷奴、馬刺し、からし蓮根など一品料理も30種類そろえる。40〜60代のビジネスマンをターゲットにしており、平均客単価は2千円。月商230万円を見込む。営業時間は午後4時〜同11時、定休日は日曜日と祝日。
 土本社長は「店の運営を通じて熊本の酒の情報発信に貢献していきたいと考えている。県産酒が楽しめる温かい立ち飲み屋を目指しているので、一杯からでも気軽に来店してほしい」と話している。
 同社は2018年設立。高津ビル内で熊本の地酒と小料理を提供する飲食店「おてもやん」を経営しているほか、同ビルでは土本社長がスナック「ラブグロス」を個人経営する。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年4月28日発行 No.467

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから