トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

新型コロナウイルス対策で在宅勤務含め対策を決定・・・・アネシス

 潟Aネシスホールディングス(熊本市東区長嶺南8丁目、加藤龍也社長)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための政府発表を受け、顧客や取引先、従業員の安全確保のため、在宅勤務を含めた対応をグループ全社で実施することを決定した。
 全国の学校の休校要請に伴い、次の条件に該当する社員、アシスタント社員の勤務体系について、在宅勤務を含む特別措置を行うことにしたもの。具体的には@自身が37・5℃以上を目安とした高熱を伴い自宅療養後、待機期間に該当するA家族が37・5℃以上を目安とした高熱を伴い自宅療養中で、通常出社が困難であると認められるB小中高の臨時休校に伴い、通常出社が困難であると認められるC持病、妊娠など一定の安静要件に該当する場合。なお、在宅勤務とする場合の業務遂行においては、「自宅内に作業環境を確保し、業務情報の漏れを防止する」など全9項目に渡る規定を設けた。
 また出社が可能な社員に対しても、感染症への罹患リスク回避のための対応として、出社前の検温の実施や、手洗いうがいの励行、マスク着用の義務など業務時間内外を含め全16項目の規定を設け実施を決定した。以上の内容は、新型コロナウイルス感染症の国内終息までの時限措置として施行する。
 アネシスグループは、(2019年度) 第1回国土強靭化貢献団体認証「レジリエンス認証」の審査において、熊本県内で初めて、事業継続及び社会貢献の両分野で認証を取得している。
 同社では「今後もお客様、取引先、従業員の安全確保を最優先に、政府の方針や行動計画に基づいた上で、有事の際においても事業継続可能な企業として、迅速に、そして柔軟に対応方針を決定し実施していきたい」と話している。
 同グループは、従業員数149人、グループ会社5社。総合住宅展示場に3棟出店。総合住宅展示場のほか各地分譲地に多数のモデルハウスを構える。注文住宅の建築工事の請負(設計・施工)、分譲住宅の販売、アフターメンテナンス、戸建住宅・マンションのリフォーム・リノベーション、不動産の売買、不動産利用に関する企画・設計・商品開発・木造住宅の設計・施工・販売などを手掛けている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年4月28日発行 No.467

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから