トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

植物の細胞分裂の動画解析で新発見・・・・熊本大学

 熊本大学(熊本市中央区黒髪、原田信志学長)は2月7日、植物細胞の仕切りを生み出す隔膜形成体の形をアクチン繊維が制御していることを発見したと発表した。
 同大国際先端科学技術研究機構の檜垣匠准教授らのグループが研究を進めてきたもので、顕微鏡の動画解析技術の活用によって植物の細胞分裂時に出現する隔膜形成体の誕生直後の形をアクチン繊維が制御していることを発見。これまでは見過ごされていた細胞分裂におけるアクチン繊維の役割を初めて見出した。今回の発見をきっかけに細胞分裂のメカニズムの理解がより一層深まることが期待されるという。研究成果は科学雑誌「plant and Cell Physiology」に掲載した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年4月28日発行 No.467

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから