トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

実演芸術の振興と人材育成を目的に包括連携協定・・・・熊本県立劇場

 公益財団法人熊本県立劇場(熊本市中央区大江、姜尚中館長)は3月11日、学校法人御船学園平成音楽大学(御船町滝川、出田敬三学長)と実演芸術の振興と人材育成を目的とする包括連携協定を締結した。
 県立劇場は実演芸術家の育成について音楽関連の文化事業を同大と協力し実施してきたが、これまで以上に緊密に連携し、地域社会の音楽文化の発展に寄与する人材を育成していくために同協定を締結したもの。県内の公立文化ホールが高等教育機関と包括連携協定を結ぶのは初めて。同協定に基づき実施する事業として施設利用や主催事業にかかわる協力や相互の講師派遣、インターンシップの受け入れ、公演、講演会、シンポジウムなどの共同企画・実施、広報協力を盛り込んだ。
 当日は県立劇場で調印式があり、姜館長と出田学長が協定書を交わした。姜館長は「この協定を皮切りに、県民の理解を得ながら粘り強く実演芸術の振興とそれにかかわる人材の育成に取り組んでいきたい」とあいさつ。出田学長は「熊本には歴史や文化、自然、風土など世界に発信すべきさまざまな素材がある。県内における芸術文化の殿堂である県立劇場と連携して、その担い手を育成し、次代に文化を残したい」と述べた。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年4月28日発行 No.467

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから