トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ビュッフェを廃止し完全オーダー制食べ放題に・・・・セイエンタープライズ

 「ピソリーノ」を九州で展開する潟Zイエンタープライズ(熊本市南区御幸笛田、小山静貴社長)は、新型コロナウイルス対策の一環として、3月19日から全店舗で、これまでのビュッフェスタイルを廃止し、作り立ての料理を直接顧客のテーブルに届ける完全オーダー制食べ放題に切り替えた。併せて、九州で展開する7店舗の店名「菜園ブッフェ ピソリーノ」を「できたてピソリーノ」に変更した。
 価格や時間制限無しのサービスはそのままとし、3月末までとしていたお子様料金の半額キャンペーンは延長する。また、従業員の手洗い・消毒・体調管理などを徹底したうえで、次亜塩素酸を主成分にしたソリューションウォーターで顧客が使用したテーブルなどを毎回除菌し、加湿器にソリューションウォーターを入れ、空間の除菌も行うなど、安全環境づくりにも努めるという。
 同店では「世の中が安心安全を猛烈に求めている中、ビュッフェの存在が心配の種を生んでいたため、新生ピソリーノでは全ての商品をできたての状態でキッチンから直接ゲストのテーブルへ熱々でお持ちする」と話している。
 同社は「ピソリーノ」を熊本本店(同地)、光の森店、福岡で大宰府店、マリナ店、鹿児島で天保山店、宮崎でフェニックス店、佐賀で佐賀店を展開、ほかにも熊本県内でパスタ店、焼き肉店などを展開している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年5月29日発行 No.468

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから