トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「再春館・先進老化医学共同研究講座」設置・・・・再春館製薬所と熊本大学

 轄ト春館製薬所(益城町寺中、西川正明社長)と熊本大学(原田信志学長)は4月1日、同大学院生命科学研究部に共同研究講座「再春館・先進老化医学共同研究講座」を設置、加齢に伴う悩みを対象に共同研究を開始した。
 個々の細胞に本来備わっている自己回復力を高める制御機構の解明、カギとなる老化制御素材を植物資源から探索・同定し、その素材・成分を使った化粧品などの開発を目指す。担当教授は同大学院の尾池雄一教授(分子遺伝学講座)の兼任。
 再春館製薬所は2008年から熊本大学と共同研究をスタートさせ、ストレスに対して自己を守る性質を持つタンパク質とシワ・シミの関係について研究成果を発表。11年からは加齢に伴い増加するタンパク質(アンジオポエチン様因子2)と肌の加齢変化の関係を共同で研究。同タンパクの増加が肌老化を促進させることを世界で初めて確認し、主力商品の年齢化粧品「ドモホルンリンクル」に応用している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年5月29日発行 No.468

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから