トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「災害復興住宅融資」の申込受付期間を延長・・・・住宅金融支援機構

 住宅金融支援機構(東京都文京区後楽1丁目、加藤利男理事長)は、熊本地震で家屋が被害を受けた個人や賃貸住宅オーナー向けの「災害復興住宅融資」の申込受付期間を2021年3月末まで延長した。
 「災害復興住宅融資」は、熊本地震で住宅に被害を受け、住宅復旧のための建設・購入(新築・中古)または補修を考えている個人や賃貸住宅オーナーが利用できるもの。利用するためには、地方公共団体が発行した「り災証明書」等の提出などの条件がある。融資限度額は基本融資額(建設資金)1680万円、特例加算額が520万円となっている。
 また、高齢者向け返済特例として、満60歳以上の人が利用できる「リバースモーゲージ型」の住宅ローンも用意している。毎月の支払いが利息のみで、通常の災害復興住宅融資と比較して毎月の負担を低く抑えることができる。元金は申込人が亡くなった時に、相続人が手元金による支払、融資住宅および敷地の売却等の方法により、一括して返済できる。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年5月29日発行 No.468

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから