トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

八代市の亀万運送に設備資金を融資・・・・日本公庫と肥後銀行

 日本政策金融公庫(略称:日本公庫)熊本支店(熊本市中央区安政町、倉田光生支店長)と肥後銀行(熊本市中央区練兵町、笠原慶久頭取)は3月16日付で、八代市岡町の運送業・葛T万運送(富田康方社長)に新事務所の建設などにあたりそれぞれ設備資金8千万円を融資したと発表した。
 このうち日本公庫では同公庫の「環境対応施設整備資金(BCP関連)」を適用。同制度は自社のBCP計画などに基づき、防災に資する施設などの整備を行うために必要な資金を支援するもの。同社の事務所は1999年に建てられた軽量鉄骨造り(プレハブ)で耐震面に不安があったことから、約1億7千万円を投じ、鉄骨造3階建ての新事務所を建設し、3月に完成した。新事務所の延べ床面積は約680u。ドライバー向けに浴室付の休憩所を備えるなど、従業員の労働環境を改善したほか、車椅子用スロープや障がい者用トイレも備えたバリアフリーの環境を整備。障がい者の雇用(3人)を計画している。
 同社は1971年設立。資本金は5500万円。一般貨物自動車運送業を手がける。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年5月29日発行 No.468

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから