トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

2019年度の立地協定件数は34件・・・・県

 熊本県は3月26日、2019年度の立地協定件数が34件(前年比6件減)だったことを発表した。
 オフィス系企業の立地件数は過去最多の12件(同5件増)、県南地域(旧城南町を除く宇城、八代、芦北、球磨、天草の5地域)への立地件数は昨年と同数の13件で、過去最多を継続している。投資金額10億円以上の協定は11件で、公表分は半導体製造装置製造の鰍ュまさんメディクス(新設、16億5千万円)、化成品製造のKJケミカルズ梶i増設、10億円)、プラスチック代替製品の研究・製造の潟Aミカテラ(新設、14億5千万円)。新規雇用予定者数が50人以上の協定は10件で、公表分はデータ入力センターの鞄d算(新設、50人)、半導体製造装置製造の鰍ュまさんメディクス(新設、200人)、コンタクトセンターの潟Eェルネストコミュニケーシションズ・NIC八代コンタクトセンター(新設、80人)、ビジネスプロセスアウトソーシングのトランスコスモス梶i増設、50人)。
 同年度の投資額、雇用予定者数の合計は約688億円、約920人だった。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年5月29日発行 No.468

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから