トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

加盟組織を対象に新型コロナの影響を調査・・・・連合熊本

 連合熊本(熊本市南区出仲間8丁目、友田孝行会長)は3月13日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、加盟組織を対象に実施した職場や家庭への影響調査の結果について県と熊本市に報告を行った。
 調査は3月5日と6日に33産業別労組と6地域協議会を対象に実施し、15産別と4地域協議会から回答を得た。調査結果では、医療・介護、交通などの現場からマスクや消毒薬の備蓄不足を指摘する声が上がったほか、PCR検査体制の拡充や、臨時休校による負担増加に対応するための企業や労働者への支援施策の強化を求める声が上がったことなどを報告。県、熊本市との意見交換後、蒲島郁夫知事、大西一史熊本市長に調査結果を手渡した。
 友田会長は「職場や家庭での問題を参考に、県民が一丸となって難局を乗り越えていくための支援策に生かしてほしい」と訴えた。  

県内賃上げ額は平均で月額4524円

 また同連合は4月7日、2020年春季生活闘争の賃上げ回答集計結果(4月6日現在)を発表し、県全体の賃上げ額(定期昇給分を含む)は月額平均で4524円となり昨年同期比の調査結果を597円下回った。賃上げ率は1・87%で、前年から0・08ポイント低下した。
 調査は連合熊本傘下の労働組合向けに毎年実施しているもの。2020年は県内39の労働組合(組合員数7160人)が回答。規模別では組合員数300人以上の労働組合では4712円と前年同期比を872円下回り、300人未満の中小労働組合では4424円で前期比を176円下回った。
賃上げ分が明確に示されている24組合(約3800人)では、定期昇給分を除く賃上げ額が54円減の1197円だった。このうち、組合員数300人以上の4組合(約1600人)は255円減の1062円だったが、300人未満の20組合(約2200人)では前期比264円増の1300円だった。
 また全国2277組合(約214万2千人)の定期昇給分を含む賃上げ額は同期比を651円下回る5761円で、賃上げ率は1・94%だった。
 連合熊本は「県内の回答組合数39のうち32が300人未満の中小組合。厳しい状況の中でも中小組合の努力が示されたと受け止めている」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年5月29日発行 No.468

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから