トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

国内で初めて、焼酎原料に料理酒を開発・・・・堤酒造

 焼酎製造・樺邇造(あさぎり町岡原南、堤和弘社長)は、国内の焼酎メーカーで初めて、焼酎を原料に料理酒を開発。4月から販売を始めた。
 商品名は「金の料理酒」。3年以上熟成した焼酎を原料に、うま味のもととなる酵母を加えた商品。アクや臭みを抑え素材の持ち味を生かす調理ができるのが特徴という。和洋食、中華など様々なジャンルでの利用を見込んでいる。焼酎を原料とした料理酒の開発は、国内では同社が初めて。
 同商品は720mlのレギュラーサイズ(税別1340円)と300mlのトライアルサイズ(税別720円)の2種類で、当面はネット通販を主な販路に月2万本の出荷を目指す。
 同社は資本金1千万円、年商は同社単体で約3億5千万円、房の露鰍合わせたグループ年商は約9億円。社員数は34人。堤副社長は「開発をスタートして5年目でようやく販売にこぎつけた。焼酎を原料とした料理酒の良さを多くの人に知って欲しい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年5月29日発行 No.468

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから