トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

県住宅リフォーム工務店表彰の特別表彰・最優秀賞・・・・新産住拓

 新産住拓梶i熊本市南区近見8丁目、小山英文社長)は、県住宅リフォーム推進協議会(同市中央区水前寺6丁目、事務局・一般財団法人県建築住宅センター)の2019年度「住宅リフォーム工務店表彰」で「特別表彰・最優秀賞」を受賞した。
 同協議会では、優良な住宅リフォームを行った工務店を表彰する「県住宅リフォーム優良工務店表彰制度」を2019年に創設。『特別表彰』は、同協議会が優良工務店に選定した工務店の中から、年度テーマに即した模範的なリフォーム関連事業や優良なリフォーム工事を行った工務店を表彰するもの。
 19年度テーマは「耐震性の向上」または「熊本地震からの住まいの再建」。19年度の特別表彰は最優秀賞が新産住拓、優秀賞が潟Gバーフィールド、牛芟嚼ン、潟gーヤハウスの3社。
 同社では、リフォーム部門に劣化対策、省エネルギー対策や耐震診断の専門的な知識を持つ「住宅医」(一般社団法人住宅医協会認定資格)6人が在籍。県内のリフォーム工事売上高で17、18年度はトップ(リフォーム産業新聞調べ)となっている。  

武蔵ケ丘に「住まいと暮らしの窓口」

 新産住拓梶i熊本市南区近見8丁目、小山英文社長)は、同市北区武蔵ケ丘に熊本北営業所となる「新産住拓・住まいと暮らしの窓口」を3月末にオープンした。
 武蔵ケ丘、楠、竜田、清水地区は同社創業の地で、周辺に2千軒以上の自社施工住宅があることから、リフォームやリノベーションの相談、住宅相続や税金問題、土地活用などに専門スタッフが対応しオーナーサービスの向上を図る。
 場所は、武蔵ケ丘4丁目の通称「武蔵中央通り」沿い、SC「ムサシプラザ」の道向かい。3階建て店舗の1階で事務所面積は約34u。スタッフは6人配置しているが、現場スタッフの機動性を高めるため本社での電話受付による予約制を採用している。営業時間は午前10時〜午後6時。定休日は第1土・日曜日、第2・第3火曜日、毎週水曜日。駐車場は2台。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年6月29日発行 No.469

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから