トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

益城町に本社と体育スタジオを建設・・・・トヨダ体育教室

 子供向けに体育指導を行う潟gヨダ体育教室(熊本市東区長嶺南4丁目、豊田隆志社長)が、益城町古閑に建設していた本社事務所と体育スタジオが6月末に完成、スタジオは7月1日に一部オープンした。9月12日から本格的に運用を始める。
 本社事務所が手狭になったことや地域における体育指導の需要を見込み、広安愛児園近くの敷地660uを取得し、2階建てで、延べ床面積272uの建物を建設した。総事業費は約8500万円。1〜2階吹き抜けの体育スタジオを中心とした構造で、1階に本社事務所と体育用具倉庫、2階に会議室と保護者の観覧席を設ける。スタジオ名は「TOYODA HEWSTUDIO(トヨダヒュースタジオ)」。営業時間は午前9時〜午後7時までで、1日あたり最大70人の受け入れが可能。同スタジオには小学校1〜3年生を対象に学校の授業内容を復習する学習教室も開設する。駐車場は12台を収容。スタジオのオープンに合わせ、指導スタッフを2人増員し、同地に本社機能を移転した。
 同社は県内で提携する保育所や幼稚園(契約園)に出向し保育時間内に年間通して体育指導する正課体育、また契約園の施設や体育館、その他ホールなどの公共施設を利用する形で各種課外教室を開設し体育指導する課外体育を展開しているが、今回のスタジオ完成に伴い、出向だけでなく子どもの受け入れも始める。同社によると、スタジオ建設地の近隣に体育クラブが少ないことや熊本市中央区や東区からの交通アクセスが良いことを踏まえ、受け入れに対するニーズが高いと判断し、益城町に建設を決めた。体育スタジオの規模としては県内最大級という。現在同社は50カ所の契約園ほか、660人の個人会員を有しているが、スタジオ開設後は最大434人の新規個人会員の獲得を目指す。
 豊田社長は「スタジオ名のHEWには『切り開く』という意味があり、今後、このスタジオを拠点に子どもたちや会員の方々がさまざまなカリキュラムを学ぶことで自分に自信を持ち、道を切り開いていってほしいという思いを込めた。念願だった自社スタジオが完成し、体育指導に対する地域のニーズに応えていきたい」と話している。同社は1984年設立、指導スタッフは8人。体育教室事業や体育用具の販売を手掛けている。売上高は5100万円。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年7月30日発行 No.470

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから