トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

社長に古木善三専務が昇格・・・・古木常七商店

 建築資材卸、土木建築工事業褐テ木常七商店(阿蘇市一の宮町)の社長に古木善三専務が昇格した。古木正行社長(70歳)は代表取締役会長、古木勝行代表取締役会長は取締役相談役に就いた。6月1日付。
 古木善三(ふるき・ぜんぞう)社長は熊本市出身。1975(昭和50)年5月2日生まれの45歳。古木勝行相談役の長男で同社5代目。済々黌高校‐東京経済大学経営学部卒。東京セントレックス葛ホ務を経て、2003年古木常七商店入社、08年専務。関連会社で生コンクリート製造販売の阿蘇レミコン梶i阿蘇市赤水)の社長も兼務する。趣味は釣り、ゴルフ、ギター。
 古木社長は「企業理念を確実に次の時代へ引き継ぎながら200年企業に向けた礎を築いていくのが使命。今後は福岡や東京への拠点開設や異業種参入も視野に入れており、外部環境の変化に対応できる企業づくりを目指す」と抱負を語った。
 同社は1916年創業、50年設立。熊本市中央区白山1丁目に熊本支店がある。関連会社に阿蘇レミコン、ガソリンスタンド経営などのフルキ石油梶i阿蘇市一の宮町)を持ち、グループ売上高は40億円。グループ社員数は91人。
 同社の役員は次の通り。
 ▼取締役相談役 古木勝行▼代表取締役会長 古木正行▼代表取締役社長 古木善三▼専務取締役 古木繁行
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年7月30日発行 No.470

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから