トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

下通1丁目にビアガーデンをオープン・・・・バース

 飲食店経営の潟oース(熊本市中央区本荘4丁目、渡邊淳社長)は6月1日、同区下通1丁目のCOCOSA5階にビアガーデンをオープンした。10月31日まで。昨年に続き2回目のオープン。
 店名は「unfurl」(=アンファール)。店舗面積は231uで80席を設けている。メニューはコースが3種類、アラカルトメニューを15種類用意する。全コース120分の飲み放題付きで、価格は4400円〜6050円。平均客単価は約4500円。期間売上目標は900万円で、来店者数2千人を目指す。営業時間は午後4時〜同10時半で、店休日は水曜日(7、8月は無休)と雨天時。
 渡邊社長は「熊本にないスタイルのビアガーデンにしたいと思い、大人の五感を満足させるラグジュアリービアテラスをコンセプトにしており、またリゾート感を出すため、ソファーは東南アジアから、パラソルはイタリアからそれぞれ輸入した。屋外での営業のため、新型コロナウイルス対策として換気という面では安心して利用いただける場所の1つだと考えている。店員や店内の感染防止対策も徹底しているので、外出自粛明け1回目の催しに使ってほしい」と話している。
 同社は2010(平成22)年設立、資本金は300万円。従業員数は6人。熊本市内で焼鳥革命とりボンバーや焼肉ダイニングなんべんでんを経営している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年7月30日発行 No.470

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから