トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

売上高61億2700万円で減収増益・・・・熊本県民テレビ

 褐F本県民テレビ(熊本市中央区大江2丁目、塩野弥千夫社長)の2020年3月期決算は、売上高が前年比1・9%減の61億2700万円、経常利益が3・4%増の5億8400万円、当期純利益が同5・2%減の4億2600万円となった。配当金は一株につき500円。減収は3年ぶり。増益は3年連続。
 減収の要因としては、スポット広告収入が減少し、新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントが中止になったことも響いた。増益の要因は、イベント中止の保険料収入があったため。

専務取締役にBS日本の杉本敏也副社長

 同社では、専務にBS日本の杉本敏也取締役副社長、取締役に河村裕二編成局長を新任する役員人事を6月23日の株主総会と取締役会で正式決定した。西岡均取締役は退任し日本テレビ放送網に復帰する予定。
 杉本敏也氏(すぎもと・としや)は静岡市出身。1961(昭和36)年3月23日生まれの59歳。慶應義塾大学法学部卒。84年4月日本テレビ放送網入社、2006年7月報道局社会部長、12年6月コンプライアンス推進室次長兼考査部長、15年6月グループ戦略室長、17年6月報道局長などを経て19年6月から現職(グループ推進本部出向局長出向、鰍aS日本取締役副社長)。
 河村裕二氏(かわむら・ゆうじ)は熊本市西区出身。1960(昭和35)年7月14日生まれの59歳。立教大学卒。85年4月熊本県民テレビ入社、2007年6月福岡支社営業部長、12年3月営業局営業部長、16年4月営業局長兼営業部長、19年6月から現職。
 同社の役員は次の通り
 ▼代表取締役社長 塩野弥千夫▼専務取締役(編成担当、編成局委嘱)杉本敏也▼常務取締役(報道制作担当、報道制作局長委嘱)永田広道▼取締役(技術担当)橘俊男、(総務・働き方改革・コンプライアンス担当)宮本秀樹、(経理・関連会社担当)黒田康敬、(営業・経営戦略担当)河村裕二▼取締役(非常勤)大久保好男、福田邦子、中村文陽、森永有三、林茂▼監査役 大久保龍二、幸田亮一(非常勤)、下山史一郎(非常勤)
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年7月30日発行 No.470

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから