トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

県南部豪雨被災地にモバイルWi‐Fiを寄付・・・・キャップドゥ

 ITコンサルティング業などの潟Lャップドゥ(熊本市東区桜木4丁目、森田晃輝社長)は7月8日、県南部で豪雨被害を受けた地域に対し、屋内外でインターネットを利用するためのモバイルWi−Fiルーター合計15台を寄付した。
 寄付したのはドコモ、au、ソフトバンク回線それぞれに対応した機種で、名称は「限界突破Wi−Fi」。同社と連携協定を結んだ自治体などに寄付したもので、九州技術教育専門学校(人吉市駒井田町)に8台、錦町役場に5台、人吉市商工会議所に2台を贈った。
 森田社長は「被災地の方々からインターネットがつながらないとの声を受けて寄付を決定した。早期の復旧、復興に役立ててほしい」と話した。
 同社は2016年設立。スタッフ数は14人。業務改善コンサル、IT、IoT活用コンサル、RPA導入支援などを展開している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年8月29日発行 No.471

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから