トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

売上高22・1%増の6億600万円・・・・バンズ

 建築・土木工事や不動産業を手掛ける潟oンズ(熊本市東区健軍2丁目、宮ア聖二郎社長)の2020年3月期決算は、売上高が前期比22・1%増の6億662万円、経常利益は3242万円で増収減益だった。
 商業店舗などの受注が好調に推移。完成工事高が前期比25・0%増の5億5978万円を計上し、6期連続の増収となった。太陽光発電設備導入費用のうち5千万円を特別償却したことなどにより、経常利益は52・9%減少した。土地賃貸料収入は10・4%減の2380万円。高森町の太陽光発電所(出力318kw)での発電・売電業務は18・8%減の1207万円だった。
 今期は、新型コロナウイルスの影響などを背景に売上高が前期から1〜2割減となる見通し。鳥取県米子市の太陽光発電所(出力556kw)が3月に稼働し売電事業収入が増えることなどから、経常利益は前期並みを見込んでいる。
 宮ア社長は「公共工事や木造住宅建築などの受注活動にも力を入れていきたい」と話している。
 同社は13年4月に設立し創業。今年2月に資本金を2200万円から2500万円に増資している。従業員は9人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年8月29日発行 No.471

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから