トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

健康増進に関する熊本市との連携協定を締結・・・・明治安田生命

 明治安田生命保険相互会社(東京都千代田区、根岸秋男社長)は8月3日、熊本市と健康増進に関する連携協定を締結。「熊本市ふるさと応援寄附金」に約315万円を寄付した。
 健康に対する熊本市民の意識啓発や健康づくりへ向けた取り組みの実践・継続などが目的で、@健康増進に関するセミナーの開催や自治体が主催するセミナーへの講師派遣など自治体が推進する健康関連事業と同社の健康増進イベントとの連携Aがん検診受診率向上に向けた取り組みなどがんに関する啓発活動の展開B「新しい生活様式」の浸透へ向けた活動など感染症対策に関する取り組みC経営者向け健康経営セミナーの共同開催など企業・経営者の健康増進に関する取り組み―などを行う。
 ふるさと応援寄附金への寄付は同社が全国で展開する「地元の元気プロジェクト」の一環。同市にゆかりのある社員から募った「私の地元応援募金」に同社からの寄付300万円を加えた。寄付金は子ども食堂やひとり親家庭への支援をはじめ、感染症の影響により取り巻く環境が一変した子どもたちや厳しい経済環境下に置かれた市民を応援する取り組みに活用する。
 当日は同市役所で大西一史市長と同社の植田剛生執行役員・特定商品運用部長が協定書に調印。日野研太支社長が寄付金を贈呈した。
 植田執行役員は「この協定を機に健康増進へ向け、相互に連携して相乗効果を上げたい。募金は全従業員がそれぞれのゆかりの地の健康づくりへの思いを込めたもの。幅広く活用していただけるとありがたい」と述べた。大西市長は「健康増進に様々な取り組みをされている貴社の知恵を借りながら、健康寿命を延伸する社会実現に向けて連携を深めていきたい」とお礼を述べた。
 同社は全国の各自治体と連携し、人々の健康づくりに関する意識啓発や教育活動を実践。「みんなの健活プロジェクト」と銘打って、健康増進の取り組みを継続的に支援する取り組みを全国で展開している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年8月29日発行 No.471

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから