トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

就労支援施設内にeスポーツチーム設立・・・・障がい者起業・就労支援協会

 一般社団法人障がい者起業・就労支援協会(熊本市中央区南坪井町、藤井誠代表理事)は8月3日、同協会が運営する学習型就労支援施設の障がい者ビジネススクール(同地)で利用者によるeスポーツチームを設立した。
 チームには利用者18人全員が所属しており、チーム名は「並木坂e20」。一般就労を目指す同施設のカリキュラムの中で、eスポーツを通じて集団でのコミュニケーション能力やビジネススキル・マナーの向上などを目的としてチームを設立した。週に2日、延べ4時限でコンピュータゲームのスポーツ競技「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」について学ぶ。また、月に1回ほど熊本eスポーツ協会(中山峰男代表理事)からアドバイザーを招き、レッスンを実施する計画もある。学習型就労支援施設においての同チームの設立は全国で初という。
 監督を務めるコ丸宏美共同代表は「現在はスマホ向けアプリで競技種目のひとつ『モンスターストライク』をプレイし、チーム仲間の意見を聞き、自分の意見を伝えていくカリキュラムを実践している。目標は大会に出場することだが、本来の目的である利用者の一般就労に向けて人間力の向上につなげたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年8月29日発行 No.471

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから