トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

オンライン商談システムの代理店業務を開始・・・・アシスト・コミュニケーション

 総合広告代理店の潟Aシスト・コミュニケーション(熊本市北区八景水谷2丁目、荒木康晴社長)は7月、オンライン商談システムの代理店業務を開始した。
 同商談システムはBloom Act(つくば市)が開発したもので、名称はB‐Room(ブルーム)。
特徴は@インターネットGoogleブラウザだけを使って、対面と変わらない打ち合わせができるAインストール不要のWebサービスなので、システムを導入する際、大半のテレビ電話システムのハードルとなっていたインストールが双方不要B高画質を実現することで、ビジネス商談での利用が可能C録画機能に加え、会話が文字(テキスト)化されることなど。こうした機能を生かして、@自動的に議事録が作成されるほか、Aベテラン社員の営業手法を録画し、後に新人社員の教育用ビデオに活用したり、B一人で担当した面接記録を後に人事課内で共有するなど、幅広い活用が広がっているという。月額使用料3万5千円が必要だが、最大4分の3の補助率が適用される2020年度IT補助金対応ツールに認定されている。
 同社では「アフターコロナを見据え、新事業としてB‐Roomというオンライン商談システムの代理店業務を開始した。国内にサーバーを置く安心・安全なオンラインシステムでもある。無料で体験ができるので、ぜひ一度体験いただきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年9月30日発行 No.472

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから