トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

武蔵小児童の支援物資を八代市教委に贈呈・・・・熊本国際化センター

 県内で環境保全活動などを行う市民団体の熊本国際化センター環境部会(熊本市西区野中2丁目、谷川政敏代表)は7月20日、武蔵小学校5年生61人が令和2年7月豪雨災害で被害を受けた八代市の児童に向けて準備した支援物資を八代市教育委員会に贈呈した。
 同センターは小学5年生を対象にメダカの成長を題材にした環境学習に取り組んでおり、以前授業を行った同校から「被災地に物資を支援したい」と相談を受け、17日に支援物資の引渡し式を行った。同センターで防災活動を担っている熊本民間防災ボランティアセンターが児童からの支援物資を受け取り、八代市教育委員会に届けた。支援物資は児童が各家庭から持ち寄った家庭用品や学習道具など。
 谷川代表は「武蔵小学校児童の思いがつまった支援になった。これからも支援を続けていきたい」と話した。
 また、熊本国際化センターでは県内の企業や団体から支援物資や支援活動金を募っている。物資は同センターまで、活動支援金は指定の銀行から振り込むことができる。事前に同センターに連絡が必要。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年9月30日発行 No.472

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから