トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

22年秋稼働へ福岡県に大型物流センター・・・・大福物流

 一般貨物自動車運送業の椛蝠泄ィ流(甲佐町白旗、木村嘉宏社長)は、福岡県糟屋郡粕屋町に大型の物流センターを建設する。来年春に着工し、2022年秋の稼働を目指す。総事業費は100〜120億円を見込む。
 場所は同町江辻、福岡インターから車で西側に約5分の地点。13万1千uの敷地を昨年、潟tランソア(同郡新宮町)から取得した。計画では敷地内の6万6千uに2階建ての物流センターを建設。約7割を同社の取引先である食品関係およびグループ各社における取引先の荷主数社が、共同配送センターや小売店への配送拠点として利用する。24時間365日の稼働体制で、常温・チルド・冷凍の3温度帯に対応した物流センターになるという。また、業務の効率化を目的に福岡県における大福物流のグループ会社の営業所を同地へ移転、集約する計画。稼働後は常時15人程度の管理スタッフを同センターの運営で配置する。大福物流は現在福岡県内に6カ所の事業所を有しているが、すべて他社の物流施設内などに入居している。今回新設する物流センターは、同県内で初めて自社所有地に建設するもので、建物には「大福物流」の看板を設け、同県内での対外的な認知度向上を目指す広告塔としての役割を担っていきたい考え。
 藤田章会長は「福岡市に隣接し、高速インターや博多港にも近いなど、物流拠点の開発地としては最良の場所に福岡最大級の物流センターを建設する。当センターの稼働を機に、売上の約4割を占め中長期的に事業の重要エリアと捉えている福岡でのシェア拡大へ弾みを付けたい」と話している。
 大福物流は1990年設立。子会社に潟Tンエックス、兜ィ流春日、江富運輸鰍ェある。九州一円に営業拠点を持っており、2020年4月期のグループ売上高は73億円。グループの従業員は準社員、派遣社員、パート含め約1200人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年10月30日発行 No.473

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから