トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

宇城市にマスク製造工場・・・・くまもとマスク

 不織布マスク製造のくまもとマスク梶i宇城市三角町、西村吉生代表取締役)は9月1日、同町でマスク製造の工場を操業開始する。8月27日、宇城  市役所で同市と立地協定を締結した。投資金額は1億5千万円。
 場所は宇城市商工会三角支所北側のパチンコ店跡地。鉄骨造り2階建ての1階部分を使用し、床面積は771u。同社は医療業界や一般向け3層構造の不織布マスクを製造。10月頃からくまモンパッケージのマスクを販売する予定で、インターネットや観光地、デパート、土産物店で購入できるよう体勢を整え、地元産業への経済波及効果や地域活性化を狙う。製造目標は1日3万5千枚。新規雇用は10人。協定締結式では宇城市へマスク2万枚の目録を贈呈した。
 西村社長は「三角町は周りが海に囲まれ、静かで、交通のアクセスがいい。雇用にもお役立ちできると思い、場所を選定した。まず熊本県のために供給し、全国でマスク不足の医療機関などにも貢献したい」と話している。
 同社はジェネリック医薬品卸の潟Wェネフィット・ジャパン(熊本市南区出仲間8丁目、坂本俊喜社長)がコロナ禍によるマスク不足を受け、5月1日に設立。資本金は300万円。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年10月30日発行 No.473

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから