トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「ひぎんSGDs医療機関債」を2億5千万円発行・・・・くまもと心療病院

 医療法人再生会・くまもと心療病院(宇土市松山町、荒木邦生理事長)は8月31日、肥後銀行を引受先とする「ひぎんSDGs医療機関債」を発行した。発行額は2億5千万円で期間は7年。
 現地で建設を進めている新病棟(鉄骨鉄筋5階建て、建築面積約1514u、延べ床面積約6200u、来年4月完成予定)の事業費などに充てる。
 同医療法人は1961(昭和36)年に内藤病院を開設、99(平成11)年「くまもと心療病院」に病院名を変更。2009年熊本県地域拠点型認知症疾患医療センターに指定、16年日本医療機能評価機構による病院機能評価Ver.1.1更新認定を受けるなど、精神科、神経科を中心に医療サービスを提供、地域の精神医療を支えている。
 医療機関債は、@固定金利で長期安定資金の確保が可能A発行基準を満たす財務内容の優良性を関係先にアピールできるB新規設備投資時に期日一括償還または定時償還によるキャッシュフローの安定化が図れるC原則、無担保・無保証人で資金調達が可能、などのメリットがある。
 「ひぎんSDGs医療機関債」は、発行額の0・1%相当額を発行医療機関が指定する学校や団体などに同行が寄付・寄贈を行い、取引先と銀行が一体となって地域のSDGs推進に貢献する。今回の寄付先は宇土市立鶴城中学校。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年10月30日発行 No.473

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから