トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

2両編成低床車両に女性専用車両を試験導入・・・・熊本市交通局

 熊本市交通局は9月14日から、2両編成低床車両で女性専用車両の試験導入を開始した。期間は12月28日までの3カ月間。
 市電車内における痴漢や盗撮などの迷惑行為を防止し、女性に安心して利用してもらえる環境を提供するため。小学生以下の男児、障がい者(介護者を含む)は男女問わず乗車することができる。ただし、これは任意の協力をお願いするもので、男性でも乗車することができるとしている。
 対象車両は2両編成低床車両の進行方向に対して後方の車両。女性専用車両の位置を明確にするために車両窓ガラス、乗降口、連結部に表示ステッカーを貼付する。運行時間は平日の午前7時頃〜午後9時頃。運行本数は、健軍町から熊本駅前・田崎町までのA系統上りが2本、A系統下りが3本、健軍町から上熊本までのB系統上りが2本、B系統下りが1本の計8本。本格導入については、期間中に実施する利用者アンケートや意見、課題などから総合的に判断する。
 熊本市交通局は「昨年は痴漢などの相談件数が6件あった。朝の通勤、通学時間でも女性が安心して利用してもらえる環境をつくりたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年10月30日発行 No.473

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから