トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

疾病予防や再発予防を目的としたフィットネスジム・・・・朝日野総合病院

 医療法人朝日野会 朝日野総合病院(熊本市北区室園町、野村一俊院長)は6月1日、院内にフィットネスジムをオープンした。
 疾病予防・再発予防・健康寿命延伸をコンセプトに地域のヘルスケアの充実を目的に開設した。名称は「メディカルフィットネス サンフィット朝日野」。場所は同院の第3北棟1階。フロア面積は280・38u。エアロバイクやランニングマシーンなど11種類のトレーニングマシーンを備えている。プログラムは個人の健康状態に合わせてオーダーメイドのプログラムを組む。利用対象者は基礎的疾患を持っている人、メタボリックシンドロームの予防、改善をしたい人、リハビリ後に運動を継続したい人、美容、体型維持、ダイエット目的の人、筋力増強、体力向上を目指す人など。また、管理栄養士も在籍していることから運動だけではなく食事の面でもサポートを行う。
 利用料金は、一般会員がフリータイム月7500円、ランチタイム会員、シニア、学生(15歳から)、家族会員が5500円。月2回会員が3千円、月4回会員が6千円。メタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病など同フィットネスが対象としている疾患を持っている人で朝日野総合病院の外来を利用している人はメディカル会員の料金(月3千円〜)で利用することができる。営業時間はコロナウイルス感染症の影響で短縮しており、平日が午前9時〜午後6時までで、祝日は午前9時〜午後5時まで。定休日は土曜日と日曜日。スタッフ数は理学療法士が3人、管理栄養士が1人。
 同院は「院内に併設しており、医師と連携しているため持病を持っている人や年配の人でも安心して通うことができる。ぜひ多くに人に利用してもらいたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年11月30日発行 No.474

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから