トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

3列27席のプレミアムバスを導入・・・・熊本電気鉄道

 熊本電気鉄道梶i熊本市中央区黒髪3丁目、中島敬社長)は10月20日、横3列×縦9列のシート配置で、「深紫外線LED」を使った新型コロナ感染対策機器を装備したプレミアムバスを報道陣に公開した。導入費は約7千万円。同クラスの導入は県内初。
 車内は、横3列×縦9列計27席のゆったりした座席配置(同社の通常型の大型貸切バスの座席数は45〜49席)で、床は全面カーペット張り。座席は本革張りのリクライニングシート(レッグレスト、フットレスト付)で、全座席にUSBポートと電源コンセントが付いており車内Wi-Fi搭載。
 新型コロナウイルス感染症対策では、深紫外線LEDと光触媒フィルターを使った空間除菌装置(2台)、プラズマクラスターイオン発生装置付きエアコンを装備、抗ウイルス・抗菌コーティング施工を施している。
 同社の石松靖啓執行役員観光事業部長は「通常の大型バスより貸切料金はやや高くなるが、ワンランク上の乗り心地・設備と、徹底したウイルス対策で安心・安全・快適な旅行を提供したい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年12月28日発行 No.475

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから