トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

学び舎応援私募債で城西小に寄贈品・・・・肥後銀行

 株後銀行(熊本市中央区練兵町、笠原慶久頭取)は10月8日、今年3月24日付でふりかけ製造の潟tタバ(同市西区城山上代町、安部直也社長)から受託した「学び舎(や)応援私募債」発行を記念し、熊本市立城西小学校(同区島崎3丁目、松永裕子校長)に寄贈品を贈った。
 当日は安部社長と右田啓介肥後銀行執行役員本店営業部長で同校を訪れ、贈呈式を開催。式の席上で、安部社長が「毎年当社の工場見学に来ていただいている縁もあり、贈呈させていただいた。子どもたちが楽しく快適に学校生活を送るためのお役に立てればうれしい」とあいさつ。続いて松永校長が「今回贈呈いただいたものを子どもたちのために、有効活用することが恩返しだと思っている。指揮台などは地域の催し物で使う機会があり、学校だけでなく地域の活動でも活用していきたい」とお礼を述べた後、右田執行役員が松永校長に寄贈品の目録を贈呈した。同私募債は、発行企業が指定する県内学校に対し、同行が発行額の0・2%相当額の物品を寄贈するもの。今回は総額40万円相当の物品として指揮台1点、液晶テレビ1点、テレビスタンド1点、エアコン1点を贈った。  

豪雨支援で「副業人材」の募集情報を提供

 同行は、7月豪雨で影響を受けている人たちの課題解決支援を目的に、グループ会社の肥銀オフィスビジネス梶i同市西区二本木5丁目、徳村昌司社長)と連携して「副業人材」の募集情報の提供を10月16日から開始した。
 豪雨被害による勤務先の休業や業務縮小などの影響で、当面の期間副業勤務を希望する人たちに、同行が収集した被災地域の副業勤務者募集企業の情報を肥銀オフィスビジネスのホームページを通じて提供、マッチングを図る。副業希望者には勤務先の副業実施に対する承認を求める。
 副業希望者は募集企業の採用担当者に勤務先や勤務条件、資格などを直接問い合わせる。同行では、すでに新型コロナウイルスの影響に伴う副業人材の募集情報提供を行っているが、今回7月豪雨被害を追加した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2020年12月28日発行 No.475

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから