トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

益城町と避難所の食事改善などで包括連携協定・・・・キッコーマンこころダイニング

 発酵食品製造などのキッコーマンこころダイニング梶i東京都、茶谷良和社長)は11月17日、益城町と災害時に避難所などの食事改善を目的とする包括連携協定を締結した。
 熊本地震から4年半を迎えた同町が災害に日本一災害に強いまちづくりを目指し、民間企業と協働を推進する事業の一環として締結した。協定では@熊本地震の際に問題となった、災害時における避難者の腸内環境や栄養素を考慮した防災食メニューの考案A地元小学校で大豆の作付けから発酵までを学ぶ授業、自ら育てた野菜を料理する食育体験活動B益城町の美味しい農産物や玄米を活用した商品開発を盛り込んだ。
 茶谷社長は「今回の協定を契機に、地に足の着いた防災食を作りたいと思っており、具体的には、災害が発生した場合の献立作りを、普段から町民と一緒になって考えていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年1月29日発行 No.476

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから