トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

テナント186店舗中、県内初75店舗・・・・JR熊本シティ運営の「アミュプラザくまもと」

 熊本駅ビルなどの商業施設の管理・運営の鰍iR熊本シティ(熊本市西区春日3丁目、山下信二社長)は、今年4月23日の開業を目指し建設が進むJR熊本駅ビルの商業ゾーン「アミュプラザくまもと」に入居する186店舗のテナントを明らかにした。
 JR熊本駅ビルは地上12階、地下1階(延べ床面積10万9千u)で、商業面積は3万9千u。1階〜7階が商業ゾーン。入居する184店舗の内訳は、衣料62店舗、身の回り品30店舗、雑貨25店舗、飲食33店舗、食品21店舗、エンタメ・サービス15店舗。熊本初出店は73店でうち九州初が14店。同社によると、これに新業態店21店を加えた全テナントの約半分を占める96店舗を「熊本初お目見え」としている。
 アミュプラザくまもとのコンセプトは「みんなの好きがあつまる いろんな好きがみつかる」。今回発表された店舗の主な顔ぶれは、衣料関連では「アーバンリサーチストア」が九州初出店するほか、「ルーニィ」「ドレステリア」、「ランバンオンブルー」「カナル4℃」「ドラスティックザバゲージ」「コトモノマルシェ」などが熊本初となる。ジャンルとしては、セレクトショップ、キャリアファッション、カジュアルファッション、ファミリーファッションなど、同社では「ひとりでも、カップルでも、家族でも、楽しむファッション」とあらゆる層に対応した幅広い品そろえになるとしている。身回り品では、国産有名ブランドなどの「時計倶楽部」、時計店「エイチエムエスアーカイブ」、メガネ店「トーキョーグラスカンパニーギャラリー」、オリジナルアクセサリーの「ソルナ」が九州初。雑貨では、フレグランスの「フェルナンダ」が九州初となるほか、「フルーツギャザリング」「コスメ・ド・ロゼリ」「ワンピース麦わらストア」などが熊本初となる。食品では「やきとり鶏むら」、飲食店では、旬の熊本の食材を和食で提供する「みのる食堂」、東京の果実店「フタバフルーツ」から誕生したクレープ専門店「フタバフルーツパーラー」、薪窯本格ナポリピッツァ「イゾラ」、「全国ご当地味めぐり鉄板屋台」などが九州初となるほか、「廻る寿司めっけもん」「そば茶屋華元本膳庵」、世界展開するアジアンカフェ「ゴンチャ」、スイス発の世界的ショコラブランド「リンツショコラブティク」、しゃぶしゃぶ・すきやきの「美山」などが熊本初となっている。  

「福伸」「古荘本店」など県内企業は33店

 県内企業の出店は33店舗。食品では「ASOMILK阿部牧場」(活「蘇スィーツ・阿蘇市)「ティードットハーブカフェ」(潟Nマモト敬和・熊本市東区)、「えき果樹くま本」(潟Aントルメ果樹・熊本市東区)、「岡田珈琲」((資)岡田珈琲・熊本市中央区)など。飲食店では、「シーフードビアステーション」(潟_イヤモンドブルーイング・熊本市東区)、「天草福伸」(虚汾L・上天草市)、「とんかつ勝烈亭」(林産業梶E熊本市中央区)などが顔をそろえる。衣料関連では「トランテアンソンドゥモード」(椛麹プラント・熊本市中央区)、「メガネのヨネザワ」(潟ネザワ・熊本市中央区)、「ステップ」(褐テ荘本店・熊本市中央区)などが出店する。
 大型テナントは既に公表されており、1階にはスーパーマーケットの「ハローデイ」、3階には「ハンズ・ビー」4階には衣料品の「ユニクロ」、5階には衣料品の「ジーユー」、6階にはアミューズメントの「セガ」、約40万冊の蔵書をそろえるメトロ書店(熊本初)、7階には10スクリーン約1400席を構える松竹系のシネマコンプレックス「熊本ピカデリー」(九州初)が入る。8階がウエディング「ザ・フォレストテラス熊本」、9階〜12階にはホテル「ザ ブラッサム クマモト」が入り、来年4月23日のオープンを予定している。JR九州が展開する駅ビル(九州内に7カ所)の中では商業施設フロアとしてはJR博多シティに次ぐ規模になる。
 JR熊本シティでは、ビッグカメラなどを含むアミュプラザくまもとの商圏を、半径20kmをベースに県内全域で設定。熊本駅の新幹線利用が多い島原半島方面も見据え、フェリー乗船と連動した割引企画も検討中だ。初年度の売上目標は現時点では未定で、コロナの影響も踏まえ今後設定する。一帯の就労人口はオフィスも含めて4500人を見込んでおり、12月からは合同求人面談会を実施している。
 山下社長は「コロナ禍で誘致に腐心したのは事実だが、熊本初を含め充実した店舗構成となった。地元経済界の意見をもとに熊本らしさの象徴として打ち出した『水と緑の立体庭園』は他の駅ビルにはない大きな特徴。周囲にはカフェ、3階の大屋根には子どもの遊び場設けるなど3世代が楽しめる場を提供する。中心市街地と連携し街全体に人を呼び込みたい」と意欲を見せている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年1月29日発行 No.476

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから